【作り方付き】デニムリメイク♪手縫いで簡単!ポケットで鍋つかみ

スポンサーリンク



先日、コースターを作るのに分解したジーパン、まだまだ残っているので、今日は鍋つかみを作ってみました。

ジーパンのお尻のポケットを使います^^

出来上がりはこんな感じ↓

ミシンは使わずに手縫いで縫っていきますが、ポケットの布の端の方をすくってまつり縫いするので、針が通りにくいということもなく、サクサクと縫えました。

作業時間は、だいたい1時間ちょっとということろでしょうか。

切りっぱなしですが、ポケットの縫い目ぎりぎりを切ってるので、ほつれる心配もなし!

洗濯もできます。

スポンサーリンク



材料&道具

履かなくなったジーパン

ハサミ

針と糸

厚手のキルト芯(あれば)

作り方

① ジーパンのお尻のポケットをポケットの縫い目ギリギリで切り取ります。

この時、ポケット上部は、ポケットぎりぎりではなく、1.5cmほど余裕を持って切ってください。

必要であれば、中に入れるキルト芯も、切り取ったポケットを型紙にして切っておきます。

② ポケット上部を折り返して2枚合わせ、まつり縫いで縫っていきます。

どんどん縫っていき…

角のところまで縫えたら、続けて縫っていきます。

③ 下の角のところまで縫えたら、必要に応じてキルト芯を中に入れます。

④ 残りもどんどん縫っていき、縫い初めのところまで縫えたら、玉結びをして糸を切ります。

食卓で鍋敷きとして使ったり、ポケット部分に手を入れて鍋つかみとして使えます!

キルト芯は、必要に応じて、使ったり、使う枚数を調節してください。

デニム生地4枚重ねになっているので、鍋敷きとして使ったり、あまり熱いものをつかまない場合は、キルト芯は必要ないかもしれません。

熱々の天板をつかんだりするのであれば、中にキルト芯3~4枚ぐらい入れておいた方がいいと思います。

ブログランキングに参加しています^^
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする