簡単&電気代もかからずエコな手作り加湿器の作り方

スポンサーリンク



乾燥しがちな季節がやってきましたね~

我が家も、加湿器つけてないと湿度が30%台まで落ちてしまって、そのままの状態だと喉がカラカラでキツイ^^;

加湿器は、2台持ってますが、それではすべての部屋をカバーすることができません。

居間に1台、もう1台は空気清浄機能付きの加湿器なので、たばこを吸う主人の部屋に置いてます。

もう1台、寝室用に欲しいのですが、加湿器を買うにもお金がかかるし、電気代もかかる…ということで、簡単に作れる加湿器、作ってみました。

スポンサーリンク



加湿器を作るための材料

材料は、どれもダイソーなどの百均で買うことができます。

コーヒーフィルターと、ボウル型の食器1つ。

食器は、わざわざ買わなくても家にあるものでOK。

コップよりも、ボウル型で口が広い方がより水分が蒸発するのでいいと思います。

ちなみに、この写真の食器は直径約15㎝ほど。

材料が揃ったら、いよいよ作ってみましょう^^

簡単!加湿器の作り方

まずはボウル型の食器に少し水を入れます。

量は、適当でOK。

そしたら、コーヒーフィルターを1枚ずつ、蛇腹に折って、ボウルに入れていきます。

続けて、どんどん同じようにコーヒーフィルターを蛇腹に折って、全体にまんべんなく入れていきます。

そしたら、上から、全体が濡れるように、水を足して完成!

広い部屋だと、あまり効果は感じませんが、寝室などの狭い空間だと、それなりに効果があるように感じます。

特に、私はけっこう神経質なタイプで、夜寝るときは、無音&真っ暗じゃないと寝られないので、電気を使わない加湿器は、音もスイッチのところの光もないので、ぐっすり^^

新聞紙でも作れます!

上のコーヒーフィルターを新聞紙に変えると、お金が一切かからずに作れます。

その際は、新聞紙を長方形に切って、同じように蛇腹に折るか、くるくると丸めてボウルに入れるだけ。

捨てる新聞紙で作るので、これぞまさしくエコ!ですね^^

ブログランキングに参加しています^^
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする