型紙の写し方(コピーorトレーシングペーパーを使う方法)

スポンサーリンク



フェルトを型紙に写す際、チャコペンなどで一つ一つ写し取ってもいいのですが、パーツが多いと、かなり大変。

そこで、型紙をコピーして使う型紙の写し方を紹介します。

コピーができなければ、百均などでも売っているトレーシングペーパーを使ってもOK!

同じ型が複数枚、必要な場合でも一度に切れるので、とっても便利です^^

スポンサーリンク



準備

型紙をパーツの枚数分、コピーします。

今回は、家の図案を参考にします。

窓やドアの図案は、別の方法で型紙を写すので、今回は屋根と建物本体の2種類の型紙が必要です。

なので、屋根用と建物用の2枚、コピーをとります。

トレーシングペーパーを使う場合は、屋根と建物をそれぞれなぞってください。

型紙の写し方

① まずは、屋根・建物それぞれを周囲を5mm~1㎝弱ぐらい大きめに切り抜きます。

② 切り取った型紙をフェルトにセロテープで貼りつけます。

グルッと囲むように、すべての辺をセロテープで張ってくださいね^^

③ セロテープ&型紙ごと、線の通りにフェルトを切ります。

img_1380_r

➃ 同じパーツが必要な場合は、再利用できます。

img_1389_r

ホッチキスでもできます!

2枚ぐらいなら、ホッチキスを使えば、一気に切れるので、便利です^^

フェルトを2つ折りにして、型紙をのせ、フェルトごとホッチキスで周囲をとめて、まとめて切るだけ!

img_1390_r img_1391_r

ホッチキスを使う場合は、型紙をもうちょっと大きめに切った方が使いやすいです^^;

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする